Project

General

Profile

Actions

レンタルサーバでRedmineを構築する-その1 契約〜OSの基本設定-

レンタルサーバサイトを選ぶ

専用サーバは高いので共用サーバを使うことにした。いろいろ調べたら海外の業者の方が安そう。Railsが使える業者ところとしてはSlicehost が有名なようだがVPSLink の方が少し安かったのと、Slicehostは最初の3ヵ月分の料金を前払いしなければならないということでVPSLinkにした。

試してみてダメそうならすぐに乗り換えればいいやという軽い気持ち。

VPSLinkに契約する。

VPSLinkはバーチャルサーバとしてOpenVZとXenの2つのメニューを用意している。今回はより独立性の高いXenを選択することにした。

契約はWebサイトから質問に答えていくだけです。もちろん英語です。

料金は使用するメモリやディスク毎に設定されていて一番安いものではメモリ64MB、ディスク2.5GBで月7.95ドル。64MBのメモリで何に使えるのか判りませんが。とりあえずメモリ512MB、ディスク20GBで月34.95ドル(2009/4/30のレートで3414円)を選択。ちなみにこれは1ヵ月契約で12ヵ月契約だと月あたり29.36ドル(2009/4/30のレートで2867円)という安さ。少し試して良さそうだったら円安のうちに12ヵ月契約に移行した方が良さそう。

後はメールアドレスやクレジットカード番号などを入力すれば完了。海外なのでちょっと緊張しましたがあっけなく完了。

数分でVPSLinkのアカウント情報が載った契約完了メールがやってきます。

OSの選択

メールで送られてきたアカウントでVPSLinkのサイトにログインすると、My-VPSLinkというWeb上からVMを管理するツールが使えるようになる。このツールを使ってVPSLinkが提供するOSイメージをVMに展開する。運用途中でOSを変えたくなったり、OSが壊れて最初からやり直したくなったらこのツールで何度でもできるようだ。

OSはすべてLinux系でFedora, Ubuntu, Debianなどメジャーなものが揃っている。今回は仕事で使いなれたCentOS 5.2を選択。
イメージのインストールを実行する。これも数分で完了する。完了するとIPアドレスやrootのパスワードがメールで送られてくる。

OS初期設定

ログイン

ログインはsshで行う。今回はTera Term を使用。

とりあえずアップデート

インストールされている各種ソフトウェアをアップデートする。

yum update

途中でエラーになる・・・

この辺り の情報を参考に以下のコマンドで回避。感謝。

yum clean all
yum yum update glibc\*
yum update

Webminをインストール

Webベースのシステム管理ツール Webmin をインストールする。
http://jp.webmin.com/download からwebmin-1.430-1.noarch.rpmをダウンロード。

rpm -ihv webmin-1.430-1.noarch.rpm

インストールが完了すると勝手に
h3. Webminに接続・・・が繋がらず

自分のPCのブラウザからhttp://サーバのIPアドレス:10000 にアクセスするも繋がらず。
Webminは初期状態ではlocalhostからしか接続できないらしい。

サーバにログインし、lynxで接続

lynx http://localhost:10000

left-menu -> Webmin Configuration -> IP Access Control に進み"Allow from all address"にチェック。

すると目出度く自分のPCからFireFoxでアクセスできるようになった。

ファイアーウォールを設定する。

デフォルトでは何もファイアーウォールが設定されていない。Webminからファイアーウォールの設定をする。

22(ssh), 80(http), 10000(webmin)以外のポートは全部塞ぐ。

とりあえずこれで一通り使えるようになった。

Updated by Haru Iida over 10 years ago · 3 revisions