Project

General

Profile

Actions

Hudson » History » Revision 11

« Previous | Revision 11/45 (diff) | Next »
Toshiyuki Ando, 06/30/2009 02:13 PM


Hudson プラグイン

Sorry, English page is here .

入手方法

最新バージョンは 0.1.4 です。

Hudson って何?

継続ビルドのためのアプリケーションです。
簡単インストール、設定、親切なUIが特徴です。(他にも良い点は沢山ありますよ!)
詳しくは Meet Hudson
作者の川口さんが書かれた紹介記事もあります。 Hudsonを使ったアジャイルな開発入門

Hudson側にも Redmine用プラグイン があります。

どんなことができるの?

ジョブを表示することができます。

  • 名前、説明、最新のビルド結果と、ヘルスレポート(お天気とか)
  • [Build Now] をクリックするとビルドができます
  • Hudson さん が登場します。
  • ヘルスレポートを表示しない、コンパクトモードがあります。
    多くのビルドを表示するのに有効でしょう。

ごめんなさい。画面は英語版です。

ビルド履歴を表示することができます。

  • ノートアイコンをクリックすると、ビルド履歴が表示されます。
  • ビルド履歴には、ビルド番号、日時、コンソールアイコンが表示されます。
  • ビルド番号からビルド結果へ、コンソールアイコンからコンソール出力へ移動できます

ビルド履歴を活動ページに表示します。

ジョブの名前/ビルド番号に加え、テスト結果(件数)と、変更点(チェンジセット)が表示できます。

Hudsonに関する設定が変更できます。

  • Hudson のURLを設定することができます。
    • Https も多分大丈夫なはず? (0.1.2以上)
  • 認証に利用するユーザ、パスワードを設定することができます。(0.1.1以上)
  • テスト結果や変更点を取得するかどうかを選択できます。
  • 表示するジョブを選択することができます。
  • コンパクトモードを選択することができます。

注意点

Hudson 1.313 以降が推奨です。
バージョンが 1.313 より古い場合は、テスト結果やチェンジセットが取得できず、履歴に表示できないかもしれません。
テスト結果やチェンジセットが取得できなくても、ビルド情報だけは保存します。が、一度失敗すると二度と取得しません。

ビルドの情報はプラグインにアクセスした際に取得しています。
現在、排他処理が入っていないので、Redmine が複数のサーバで動作している場合は上手く動かない場合があります。
排他処理については、次のバージョンで何とかしたいと思っています。

プラグインはビルドの情報を、直近10数件しか取得することができません。
すでに多くのビルドが実行されている場合、全てのビルド情報を蓄積できないので、注意してください。

どうしようもなくなった場合は、設定ページからデータベースの内容を初期化してみてください。
状況が改善するかもしれません。

Updated by Toshiyuki Ando about 10 years ago · 11 revisions